FC2ブログ
世界史から学ぶ科のブログ
11月6日 第二回遠足 「伊丹の街歩き」
   「伊丹の街歩き」

  今回の遠足は、JR伊丹駅を起点に午前中は、有岡城⇒荒村寺⇒本泉寺⇒大溝筋跡⇒猪名野神社
 ⇒旧岡田家・旧石橋家を見て、長寿蔵にて昼食。
  午後は、自由散策するグループと小西酒造(「白雪」の製造元)見学するグループに分かれて行動。

  幸い天候にも恵まれ、ボランティアガイドさんの説明もあって、伊丹の良さが堪能できた非常に楽しい
 街歩きであった。

   
  見聞した中で興味のあった点は、以下のとおり。


     ● 伊丹にはNHK大河ドラマ「黒田官兵衛」で有名になった荒木村重の有岡城があるが、
       城跡としてはJR駅のすぐ近くに石垣の一部が残っているだけで、全貌は見られない。


              5,s-IMG_0179

                         有岡城址 (主郭部)

     
       ただし、この城は、城・侍町・町屋の全てを堀と土塁で取り囲み、城郭全体で防御する
      日本初の「惣構え」の城で、後の大阪城や小田原城などの難攻不落の平城の手本とな
      った。
       規模は南北1.7km、東西0.8kmで、散策した猪名野神社はその西北端の砦の跡で
      あった。


     8,s-IMG_5265 CIMG8328.jpg

              猪名野神社前の散策風景              西北端の砦”有岡城岸の砦跡   

                  
      ● 伊丹は清酒発祥の地で、「伊丹酒」の名声は、初めは池田、後には灘五郷の酒造地と
       並び称せられた。
        江戸時代、この伊丹は摂関家筆頭の近衛家の領地であり、その指示・保護のもとで
       酒造りが盛んであった。その中の小西酒造は1550年創業の歴史をもち、「白雪」は国内
       有名ブランドの一つである。
        なお、酒作り発祥の地を名乗るのは当地の他に奈良県にもあり、いずれが正しいかは
       定かではないらしい。


              2,s-IMG_0142   

                     長寿蔵 内部はレストラン
                           地ビールで喉を潤す幸せ

        
     ● 鴻池は山中鹿之助の末裔で、鹿之助の長男はこの地で酒造りを始め、酒販・海運・両替商
      で成功を納めた。後に大阪市の鴻池新田開拓なども行い、鴻池銀行(後の三和銀行)を設立
      して大財閥を築いた。



     ● 旧岡田家住宅(店舗・酒蔵)は江戸時代(1674年)に建てられた町家で、その店舗は兵庫県
      内に現存する最古のもの、酒蔵は現存する最古の酒蔵で、江戸時代に隆盛を極めた伊丹の
      酒造業の歴史を今に伝える重要な文化財(岡田家の所有となったのは明治33年)。
       その隣にある旧石橋家住宅は江戸時代後期に建てられた商家で、建設当初の店構えを残し
      ていて、住居の歴史を知る上で興味深い。


              4,s-IMG_0156

                         旧岡田家住宅


     ● 伊丹は俳句の町で、「東の芭蕉、西の鬼貫」と称せられた江戸時代の俳人・上島鬼貫
      は、当地の出身で、荒村寺と猪名野神社にその句碑があった(市内には、これらを含め
      14碑ある)。
       なお、今回の見学コースにはなかったが、近くにある「柿衞(かきもり)文庫」には、岡田
      利兵衞氏が寄贈した俳書を中心とする書籍、軸物や短冊など多くの収蔵品があり、日本
      3大俳諧コレクションの1つと称されているとのこと。ご興味ある方は、次回是非お立ち寄り
      下さい。


            1,s-IMG_0128

                 荒村寺  境内の鬼貫の句碑を特別に見学
                       「古城や茨くろなる蟋蟀(きりぎりす)」


                            3,s-IMG_0146

                                  猪名野神社の鬼貫の句碑
                                    「鳥は未(まだ) 口もほとけず 初桜」


     ● 上記岡田家の庭に実る柿は、へたの周りが丸く盛り上がっている形から「台柿」(だいがき)
      と呼ばれ、美味絶品の柿であった。
       その昔、当地を訪れた頼山陽一行がそれを食べて、余りの美味しさに感動して詩・文・画に
      残した。
 
      市は市民ぐるみで、伊丹のシンボルとも言おうべき貴重なこの柿の木を後世に残すべく活動中
      で、現在、三世の台柿が旧岡田家横の伊丹市立美術館の中庭で大事に守り育てられている。



                 9,s-IMG_5289

                        三世の台柿  伊丹市立美術館の中庭


      ● 小西酒造工場の見学後に、酒の試飲会があった。
        試飲した4種類の中には、江戸時代の酒を再現した酒や一升瓶にすると市価1万円は
       するという特別仕込みのものもあり、普段ではめったに味わうことのできないお酒を賞味
       させていただき、大感激でした。  


           6,s-IMG_0181       

                  防塵服を着て白雪酒造工場見学へ 


                      7,s-IMG_0192

                               タンクが数多く並ぶ仕込み工程



                                                          以上








      




スポンサーサイト