FC2ブログ
世界史から学ぶ科のブログ
3月19日 修学旅行
 修学旅行

 本年度最後のイベント・修学旅行が3月19日(木)に行われました。天候は生憎の雨でしたが、気温も
暖かく、先週の成果発表会の緊張も解けて、ゆったり気分の楽しいバス旅行となりました。
 
 1,水生植物公園みずの森(草津市)

 最初の訪問先は、「植物と人、水と人のふれあい」をテーマとした水生植物園。雨のため、主に各種
水生植物の見られるロータス館で過ごしました。
 館内では、丁度美しく咲いている見事なスイレンを見ることができました。
 なお、ロータスは英語で「すいれん」と「ハス」を意味しますが、この2つは類似するものの全く別物で、
「スイレン」はエジプト、「ハス」はインド原産の花で、葉に切れ目のあるのがスイレンとのこと。

         図1   
                      ロータス館                       

                            図2
                                       ロータス館の内部

             図3a                             
                           スイレン


2,佐川美術館(守山市)

 昼食後に入館。平山郁夫のアンコール遺跡を描いた多数の絵、佐藤忠良の力強い彫刻および15代
楽吉右衛門と萩焼・15代板倉新兵衛のコラボレーション展を鑑賞しました。

                            図4              
                                       美術館・全景

 日本を代表する巨匠の傑作が鑑賞でき、感動のひと時でした。(ちなみに佐藤忠良は女優の佐藤オリエ
の父君です)

             図5a
                   平山郁夫の作品/楼蘭の朝(楼蘭遺跡三題)


     図6   図7
         佐藤忠良作/帽子・夏           吉右衛門作の萩焼と新兵衛作の楽焼


3,石山寺(大津市)

 本日最後の訪問地・紫式部ゆかりの石山寺。
 石山寺縁起絵巻等によれば、紫式部はここに七日間参籠し、観月の時に思いついた物語が“源氏物語”
とされ“源氏物語起筆の寺”として有名です。
 松尾芭蕉は、たびたびここ石山寺に仮住まいをして、多くの句を残しています。

               曙はまだ紫にほととぎす
                       (石山寺境内の芭蕉句碑)

     CIMG9321a.jpg       CIMG9333a.jpg
       本堂の隣「紫式部源氏の間」          紫式部供養塔(左)と芭蕉句碑(右) 

 この頃には雨も上がり、ガイドさんの説明を聞きながら本堂・多宝塔など境内を見物し、眼下に広がる
瀬田川の景色を眺めながら坂を下り、帰路につきました。

       図8
                           東大門

              東大門のどこかに豊臣家の五七の桐紋があるそうです。
              いつかまた時間のある時に探してみたいものです。


                図9
                  硅灰石(天然記念物)越しに多宝塔を望む

              この寺は、国の天然記念物に指定されている硅灰石の
              上に建ち、これが石山寺の由来ともなっています。    
   
                                                        以上



   世界史から学ぶ科では、クラス内での情報の共有化・活動内容の外部への発信等を目的に、
  このブログを運営して参りました。作成した記事は20件となります。
   ブログの運営は、駒米広報代表のもとで広報担当の皆さま方が担当されました。この一年間
  大変ご苦労様でした。                                (ブログ管理人より)








スポンサーサイト



3月12日 学習成果発表会

   3月12日 学習成果発表会 

 今年度を締めくくる学習成果発表会が開催されました。

 学習成果発表会は、この一年間で習得した知識を「学びの成果」として、自らの視点で
深く掘り下げ、整理・発表し、それらをクラス全員で共有する場です。
 各班からは、素晴らしい資料を使って、熱のこもったプレゼンテーションが行われ、それ
に応えて、出席者は熱心に傾聴していました。
 発表後に、当講座のコーディネーターである「伊藤先生」より、“熱心に研究テーマに取り
組み、発表も素晴らしかった。またとても勉強になった”との大変温かいご講評をいただき
した。

 以下は発表会に関連した風景です。

1,発表会へ向けての準備

     CIMG9202sc.jpg   CIMG9203sc.jpg
  
        古代ローマ市民の正装である         発表内容の綿密な確認と
        ”トガ”を身につけての発表           発表のリハーサル


2,発表会当日の風景 

 (1),各班からのプレゼンテーション
          全員でチームワーク良く!


     図1
          1班  「モンゴルってどんなところ?」

            図2
               2班  「世界三大 英雄・傾国の美女・発明」

                 図3
                       3班  「ローマは一日してならず」

     図4
              4班  「仏教の来た道」

               5.jpg
                     5班  「モンゴルと日本」
             


 (2),先生からの講評と受講生代表の謝辞

       図6x     図7a
         伊藤先生からのご講評            受講生を代表し萩野委員長より
        ”視点を変えた歴史の見方が大切”     この1年間にわたるご指導に感謝